日常生活上、毎日使う水周りは湿気による腐食環境に曝されるので室内換気及び排水管の内部腐食と閉塞に要注意です。

あなたの家の配管・水回りは大丈夫ですか?

あなたの家の配管・水回りは大丈夫ですか?

日常生活上、室内換気及び排水管内の腐食と閉塞に要注意の水周り

日常生活を送るため住宅に家財道具やインテリアあるいは電化製品等を用意するほかにユーティリティとして電気、ガス、水道がすべて揃わないと不便な生活を強いられることになるわけです。

我が国で電気は住まいのある所には電力会社に配電義務を課しているので、山奥でも離島でも望む所には電気が行きわたっています。
ガスについてはガス管の敷設が単純にはできないので、LPGと都市ガスで地域を済み分けしています。
燃料としてはガスの他に薪や灯油等を使う家庭もあり、それぞれの事情や希望に沿って不都合が起こっていない状態です。

水道に関してかつては各地に井戸水の利用があったわけですが、経済成長が高まったこと及び地域開発が各地で増えたことなどにより汲み上げ増による地盤沈下の心配、工場排水などによる不純物の混入等の問題が大きくなってきて飲用としての井戸水の利用は急激に制限されることになりました。
この間、全国で水道管敷設が進み、水道利用に不便な地域もほぼなくなっています。

我が国は雨量に恵まれた国なので渇水に悩まされる経験がめったに起こりませんが、家庭で水を使う主な用途として炊事、洗濯、トイレ、風呂が考えられます。
在宅していれば水を消費しない日がないので、これらの用途で水を使う場所は日々、湿気に曝されるわけですから室内に木造部分があれば腐食環境になることに気をつける必要があるわけです。

水周りの腐食は短期間で腐食するわけでなく、長期間かけてじわじわと腐食するので、油断することのないよう、乾燥状態に維持する必要があるのです。

窓を開放して風通しを良くしたり、乾燥機やブロアーを使うことが考えられますが、梅雨時を中心にして湿度の高い環境を注意しないと換気した積りでも水周りにカビが増えて腐食につながることもあるのです。

水周りで更に気をつける箇所は配水管及び排水管だと思います。
配水管は上水道の水が流れていれば内部腐食や減肉が起こりますが急激に起こる程ではありません。むしろ、排水管の方が汚れを含んでいるだけでなく温度変化する排水に曝されるため、水周りで最も問題の起こりやすい場所は排水管内部だという認識を持つべきだと思います。

Copyright (C)2017あなたの家の配管・水回りは大丈夫ですか?.All rights reserved.